恋愛をしたいならSNSよりも出会い系だと悟った日

恋愛をしたいならSNSよりも出会い系だと悟った日 体験談

彼女がいない男性がSNSを使っていると「あわよくば彼女もできないかな~?」なんて考えますよね?

SNSというのはたくさんの人とつながることができるため、その中には異性もいるでしょうし、異性相手ならそういう期待をするのは自然です。

そしてSNSがきっかけで結ばれたカップルもいるため、そういう夢を見るのは仕方ありません。

ただ『SNSは優れた恋愛ツールである』と言えるかどうかは正直言って難しいでしょう。

私も昔はSNSにて出会いを求めたものの、今考えると無駄な時間だったと思います…。

たとえば『リア充が使っていることが多い有名SNS』の場合、リア充同士のいいね合戦みたいになっており、誰もが『幸せそうに過ごしているのが分かるアピール』をしています。

これは男性でも女性でも同じでして、そういうアピールに必死な女性を見ていると、「この人と付き合いたい!」なんて思えますか?

またこういうSNSには意識高い系と揶揄される人も多く、タイムラインには『なんだかありがたそうな言葉を書き殴ったもの』が次々と表示されるため、そのうちイライラするかもしれません。

結局のところ、SNSには『お世辞にも魅力的とは言えない自己顕示欲の強い人』が多すぎるのです。

それを理解した私はSNSをやめて出会い系を使うようになりました。

ちなみにSNSには普通の人もいますし、そういう人と親密になればチャンスはあるのですが…普通の人はそもそも恋愛を求めていない可能性があるため、結局は目的通りにいきにくいのです。

その点、出会い系は恋愛にピッタリですね。

元々そういう目的で作られている分、恋愛や結婚の相手を探している女性が多く、変なリア充アピールもありません。

そういうアピールがうざいのを分かっているのか、みんな真剣にプロフィールを書いています。

おかげでストレスもなく恋人探しができるから、私もSNSのときと違って楽しかったですね。

SNSにはSNSの良さがありますが、恋愛に限って言えばまったくおすすめできませんので、これからSNSを使う人は『自分はなぜSNSを使うのか?』というのを考え直してみましょう。

そして出会い系を使った成果ですが、今は4人の女性とメッセージでやり取りしており、そのうち2人とはデートの約束もあります。

すっぽかされる可能性もあるとは思いますが、やっぱりテンションが上がりますよね。

恋愛をしたい人は出会い系を前向きに検討してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました