出会い系サイトでもっといいねがもらいやすくなるプロフィールの書き方とは?

出会い系を攻略 体験談

出会い系サイトではいいねをたくさんもらえるほど選択肢も増えていき、人気者になればまさに引く手数多といえる状態になるでしょう。女性の場合は登録するだけでもいいねがもらいやすく、人気者であれば数百単位でいいねをもらっているでしょう。

男性も人気者ならいいねをたくさんもらえますが、それはごく一部の話です。実はいいねが一切もらえない男性というのも決して珍しくはなく、「いいねももらえないし、もうやめようかな…」と悩む方はたくさんいるでしょう。

いいねがあまりもらえない人は、プロフィールの書き方に問題がある場合が多いです。どうすればもっといいねがもらえるのか、おすすめのプロフィールの書き方についてご説明いたします。

■プロフィールが適当だったり空欄ばかりだったりするといいねはもらえない

出会い系サイトに登録するとまずはプロフィールの作成となりますが、「すぐに使い始めたいから、プロフィールは適当でいいかな?」と考える人がいます。プロフィールの項目については任意入力が多いため空欄が多くても始められますが、それはおすすめできません。

出会い系サイトを使って相手を探していると、真っ先にプロフィールをチェックしませんか?それと同じように相手もこちらのプロフィールをしっかり見ているため、適当だったり空欄ばかりだったりするといいねを送ろうとは思えません。

なので出会い系サイトに登録したらまずはじっくりとプロフィールを作成し、これからの出会いにしっかりと備えてください。

■プロフィールは写真が最重要

出会い系サイトのプロフィールにおいては、写真が最重要だと言っても過言ではありません。もちろん他の項目も見られているのですが、写真写りが悪かったり掲載していなかったりすると、他の項目を読んでもらえないことが多いです。

どんな写真を掲載すべきかですが、以下の点に注意して選びましょう。

・顔が正面からはっきりと写っている
・表情は自然な笑顔
・余計な加工は一切していない

たとえイケメンや美人でなかったとしても、正面から写った顔写真はとても重要です。また、表情が自然な笑顔であれば印象が良くなりますから、「クールな雰囲気を出したい!」なんて考えず、自然な笑みを浮かべておきましょう。

そして良く見せたいからと加工する人もいますが、加工された写真はすぐにバレてしまいます。明るさの調節程度なら大丈夫ですが、余計な加工は一切せずに掲載しましょう。

■全ての項目をしっかりと埋める

プロフィールにはたくさんの記入項目がありますが、それらは全て埋めておきましょう。出会い系サイトによって項目数が異なりますが、これらを全て埋めておくと出会い率が目に見えて上がりますので、面倒がらずに記入してください。

特に重要なのは『年齢』『居住地』であり、これらは正確に記入しましょう。SNSでは個人情報保護のためにぼかす人が多いですが、出会い系サイトでは恋人や結婚相手を探すことになりますので、これらが適当だといいねはもらえないと思って構いません。

■お礼や挨拶はちゃんと書いておく

プロフィールには自由に記入できる部分がありますが、そこの文章にてお礼や挨拶を書いておくといいでしょう。例文としては、以下のようになります。

「はじめまして、プロフィールを読んでくれてありがとうございます!」

こうしたお礼や挨拶についてはほんのちょっとの差ではありますが、このちょっとがあるかどうかで印象はガラリと変わり、ちゃんと書いていれば「この人は丁寧でマメなんだな」と思ってもらえるでしょう。

もちろん、マッチ後もお礼や挨拶は忘れないようにしてください。

■趣味に関連することはできるだけ細かく記載する

出会い系サイトで相手を探す場合、「やっぱり共通の話題を持つ人がいいなぁ」と思いませんか?とりあえずマッチしたとしても会話が継続しないと気まずいですし、そのままデートをしても盛り上がらないままお別れするかもしれません。

このため、出会い系サイトのプロフィールでは趣味に関連することを細かく記載しておきましょう。共通する趣味がある場合、いいねを送ってマッチした後に会話のネタにしやすく、デートをする場合もお互いの好みにあったプランが用意できます。

なお、どんな趣味であってもできるだけ書いておくべきではありますが、異性受けが悪い趣味(アイドルやギャンブルなど)は控えたほうがいいかもしれません。

■プロフィール次第で出会い率は変わる

SNSではプロフィールを記入していなくとも普通に使える場合が多いですが、出会い系サイトの場合はプロフィール次第で出会い率が変わるため、決して軽視できません。

なお、一度でもちゃんとしたプロフィールを作っておけば、今後別の出会い系を使うことになった場合でも流用できて便利です。メモ帳などにプロフィールのテンプレートを残すようにしておけば、さらに入力が楽になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました