出会い系を使ったら30代にしてデートの楽しさを思い出しました

出会い系を使って女性とのデートを楽しんだ 体験談

出会い系を使うまで、私は『最後にデートしたのは10代の頃』という男でした。

今は30代なので、20年近くデートをしていなかったことになります。男友達とは、ちょくちょくご飯を食べに行くのですが…。

なぜ10代以降はデートしなかったのか、それは結構勉強を頑張っていたからです。

大学受験の際もそれなりにいい学校に行くため、かなり勉強をしていたと思います。

また大学に入ってもサークル活動や合コンなどには目もくれず将来のために勉強をしていました。

おかげで理想的な企業に入社し、それからは異性のことも意識するように…なんてことはなく、社会人になったらひたすら仕事をしたのです。

理想的な企業なので仕事の内容も楽しく、「一生この仕事を頑張りたいなぁ~」と思っていました。

そして仕事に打ち込む中で、私は『デートの楽しさ』をすっかり忘れていたのです。

長いこと恋愛とは無縁だったので、次第に異性のこともあまり考えないようになり、デートへの欲求も消えていた感じですね。

そのまま30代になったら昇進もしたので、「ますます仕事を頑張るぞ!」と意気込んでいたのですが…久々に男友達とあったらたくさんのろけ話を聞かされまして、そのときに「やっぱり好きな子とのデートっていいぞ~」と何度も言われました。

それでふと10代の頃の彼女を思い出したのですが…たしかにあの頃は楽しかったです。

デートするという行為自体にドキドキしていたし、当日は先にお風呂に入ってから待ち合わせ場所に行くという念入りぶりで、あの頃は若かった…と苦笑しました。

とはいえこんなことを考えたら「今でもデートすると楽しいのかな?」と気になりまして、私も久々に相手を見つけるべく出会い系を使ったのです。

いくら相手が欲しくとも仕事は大事だったので、空き時間で相手を探せる出会い系は便利でした。

30代からだと厳しいかと思ったら、出会い系では普通に20代くらいの女性も仲良くしてくれて、メッセージのやり取りが続いた人とはデートの約束もできたのです。

あの頃と違って極端な緊張はなく、「当日は行くところも決まっているし、なんとかなるだろ」と思っていました。

実際に出会い系で知り合った女性とデートしたら、普通に終えられたのですが…これがとても楽しかったです。

あの頃とは違うもののデートの楽しさを思い出した私は、「やっぱり女性と過ごすのはいいな」と考えました。

そんなわけで今は彼女を探すべく頑張っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました