出会いゼロのフリーランスが出会い系を使ってみた

出会いゼロのフリーランスが出会い系を使ってみた 体験談

大学を卒業した私はとある企業に正社員で入社し、そこそこ順調に社会人生活をスタートしたのですが…入社2年後に辞表を提出し、フリーランスとなりました。

もちろん周囲は反対していましたが、誰にも迷惑をかけないのを条件に、自分の意志を貫き通したのです。

わずか2年で辞めた理由ですが、『とくに楽しくもつらくもないから』というものでした。

「楽しくないのはさておき、辛くないのに辞めたの?」と思うでしょうが、なんの起伏もない日々は私の気分を滅入らせてしまい、「ここにいても病気になるかもしれない…」と感じたから、一念発起してフリーランスになったんです。

フリーランスになった直後は貯金を切り崩しながら生きていましたが、1年と少しが経過したら仕事も安定してきて、やっと貯金の減少もストップしました。

会社員のときと違い今はいつ仕事がなくなるかも分からない毎日ですがとても楽しいと思います。

辛いことも多少はありますが…。

例えばフリーランスとして生きていると想像以上に出会いがありません。

フリーランスって華々しいパーティー会場でいろんな人とビジネスの話をしていそうなイメージですが、そういうのは一部のブロガーとかですね。

私はむしろ『依頼を受けたら家で黙々と作業する』というタイプのフリーランスだったので、外に一切出ない日もままあります。

つまりは女性との出会いなんて皆無でして、これを徐々につらいと感じてきました。

仕事中は孤独であるフリーランスにとって、『私生活も孤独である』というのはなかなかに堪える状況です。

とはいえ仕事をほっぽり出してナンパするのはリスクが高すぎるし、「仕事の合間に家でいい相手とか探せないかな」と思っていたときに出会い系を見つけました。

出会い系はインターネットに接続できればほぼどこでも使えるため、出会いゼロのフリーランスにとっては素晴らしいツールだと思ったのです。

仕事では家にこもりっきりの私でも、ネットならいつでも使えますからね。

ただ出会い系では公務員や医者が人気のイメージだったので、無名のフリーランスである自分でもいけるのだろうか…という不安はありました。

結果で言えば普通に仲良くしてくれる子もいて、今はデートの約束を取り付けた相手もいますよ。

私みたいなフリーランスは同じような悩みもあると思うので、そんなときは出会い系を使ってみてください。

空き時間だけでも、結構いい出会いがありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました