これまで街中でナンパしていた人も出会い系で出会いを求めるようになった理由

出会い系を攻略 体験談

出会いの方法というのはたくさんありまして、結婚式などの際にきっかけを聞くと「なるほど、そんな出会いもあるのか…」と驚くこともあるでしょう。カップルや夫婦の数だけ出会いがあるように、人生ではいつどんなチャンスが訪れるか分からないのです。

とはいえ、漫然と生きるよりも自分から動くほうがチャンスが多いのも事実でして、漫画のような運命的な出会いは滅多に起こりません。運命的な出会いというのはとても燃え上がりそうですが、現実世界では期待できるほどの発生率ではありません。

そして昔ながらの出会いの方法と言えば、やはりナンパですね。ナンパと聞いたら『ただ単に女遊びがしたい人だけが行う不誠実な行為』というイメージが強すぎるのですが、結婚のきっかけとしてナンパを行う方もいます。

そもそもナンパとは『女性に声をかけてデートなどに誘う行為全般』を指すわけですから、実際はお見合いと大差ない場合もあるでしょう。それにナンパでもやるとやらないとではチャンスの数も変わってくるため、自分から動けるというだけでも立派です。

ナンパの主な形としては『街中で気になる異性に声をかける』というもので、昔はこうした行為も当たり前のように行われていました。ただ、近年はこうした形のナンパも廃れてしまい、実際にナンパをしてみた人も別の方法にて出会いを探すようになっています。

なぜ街中でのナンパが廃れたのか、それは防犯意識の変化が大きく関係しています。かつての日本はいろんな面でおおらかであり、知らない人に声をかけてもそんなに怪しまれませんでした。しかし、今では『知らない人から挨拶された』なんて通報も増えているように、ナンパというのは不審者扱いされやすくなっています。

その結果、見た目がいい男性…イケメンであってもナンパの成功率は下がっており、意図的に出会うには非効率となりました。それにとって代わるな形で人気となったのが出会い系であり、イケメンやお金持ちもそちらを活用しているでしょう。

出会い系の最大の利点は、不審者扱いされないことです。こういうのを使う以上は「異性と仲良くなりたい!」と考えているわけですから、ナンパのような声かけをしても嫌がられることはありません。

それに顔写真や年収を記載することもできるので、自分の強みを活かした相手探しもできます。もちろん自分のスペックに自信がなくとも利用はできますし、積極的に声をかけていればいつかは興味を持ってくれる人も現れます。

これからナンパをしようと考えている人は、先に出会い系を試してからでも遅くはないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました